ドライブレコーダー どら猫 株式会社堀場製作所
どら猫とは!?
万が一の事故の時は
事故経験者の声
販売店案内
 
商品詳細
会社概要
FAQ及び各種ダウンロード
ご購入
TOP
万が一の事故の時は
万が一事故を起こしてしまった場合の7つのポイント!  
point1.人命第一です
  まずは落ち着いてください。負傷者がいる場合保護を最優先します。
怪我の場合は人命にかかわる事態にもなり得ますの直ちに救急車を呼びましょう。
 
point2.安全確保
  基本的に警察が来るまでは現場をそのままにしておくべきですが追突の
危険性や2次事故などが起こりえる状況であれば車を道路の端に寄せる
などの処置を行ってください。
 
 
point3.警察への通報
  大小問わず事故を起こしてしまった場合は警察を呼びましょう。車の事故は法律上通報が義務になっていますので当事者同士、その場での示談などしないようにしてください。  
point4.当事者同士の身元確認
  相手の免許証、車検証などを必ず確認してください。
もちろんあなたの免許証、車検証も相手に提示してください。
 
 
point5.目撃者の確保
  事故を目撃された方がいた場合はその方の連絡先を確認しておきましょう。


 
point6.事故状況の確認
  警察が行ってくれますが当事者同士でも現場の見取り図や事故の状況などを確認しておきましょう。また写真を撮っておくことも大切です。この部分があいまいだと賠償の交渉に時間がかかり精神的にも負担が大きくなります。  
 
point7.車両の移動
  自走できるようであれば整備工場まで速やかに行ってください。また自走できない場合はJAFなどを呼んで運んでもらいましょう。


HORIBA Copyright(c) 2012 HORIBA, Ltd.