ドライブレコーダー どら猫 株式会社堀場製作所
どら猫とは!?
万が一の事故の時は
事故経験者の声
販売店案内
 
商品詳細
会社概要
FAQ及び各種ダウンロード
ご購入
TOP
商品詳細
「どら猫2」DR-3015 (本体) 
主な特徴

・30コマ/秒 のスムーズ映像を20秒間記録
・衝撃の種類を2種類に分けて記録、さらに手動での記録にも対応
・記録を開始する衝撃の強さを10段階で設定可能
・標準添付のCFカード(128MB)で最大12件のデータ記録可能
 (直近の)
・大きな衝撃にも耐えるマグネシウム合金を筐体に採用
・万が一、大きな衝撃で電源が途絶えてもその瞬間のデータは記録
・設置は本体をルームミラーの裏のフロントガラスに貼り付け、
 電源をシガーライターソケットに挿すだけ
・ビューワーソフトは「どら猫Viewer」をCFカードに内蔵、インストールせずに使用可能
・30万画素CMOSカラーセンサー
・記録画像は、640×400ピクセル
・広角レンズ採用で、横方向107度、縦方向79度
・カメラの角度は4段階で調整可能
 (25度(出荷時)、38度、51度、65度)
・本体色はガンメタ

製品詳細スペック
「どら猫3」DR-7000 (本体) 
「どら猫2」にカメラ角度調整機能がついた機種になります
・外形寸法 110(W)×80(D)×38(H)mm
・重量 110g ※1
・撮影素子 CMOSカラー
・水平画角 107度
・垂直画角 79度
・有効画素数 25万6000画素
・記録画素数 640×400
・電源電圧 DC12/24V ※2
・記録メディア CFカード128MB
・記録トリガー 加速度センサー、手動スイッチ
・画像記録データ 30フレーム/秒、20秒(固定)
・消費電流 500mA以下(25℃の場合)
・使用温度範囲 −25℃〜+70℃(結露なきこと)
・保存温度範囲 −30℃〜+80℃

カメラ角度は出荷時の25度設定のほか、38度、51度、65度の全4段階で調整が可能です。
フロントガラスの角度が急なお車には傾斜にあわせて取り付けていただけます。

※1 どら猫本体のみの重量になります。
CFカード、ケーブル類の重量は含まれておりません。
※2 一部シガープラグから電源供給できない車両もございます。
※『どら猫2』および『どら猫3』は車の衝撃を感知して運転中の映像を録画する装置ですがすべての状況において映像を録画することは保障できません。
「どら猫Viewer」仕様
・稼動条件
OS Windows2000, WindowsXP (home, Pro),
Windows Vista(Home Basic, Home Premium, Business, Ultimate) ※32bit/64bit
CPU OSが快適に動作するために必要なCPU
メモリ OSが快適に動作するために必要なメモリ
その他 CFカードが挿入できること
(CFカードリーダーは本製品に付属していません。 お客様にてCFカードリーダーを
ご購入ください)
※OSはいずれも日本語版のみの対応となります。
※CPUやメモリの状況によっては映像の再生速度が遅くなることがあります。
PAGE TOP
HORIBA Copyright(c) 2012 HORIBA, Ltd.